1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫オナニーのやり過ぎはちんこを小さくする?大きくする?

オナニーのやり過ぎはちんこを小さくする?大きくする?

小学校高学年や中学生でオナニーを覚えて、オナニーの虜になりそれ以来、毎日やってるという人もいるかもしれません。

当然管理人もオナニーの経験はあり、毎日とまではいきませんが、結構な頻度でやっています。

休日などゴロゴロしていると、いつの間にかちんこを触ってしまい、むらむらしてそのままオナニーを開始してしまい、1日に複数回やってしまうということもない話ではありません。

ただオナニーをやり過ぎるとちんこが小さくなるとも言われているため、やり過ぎとちんこサイズに関係があるかは気になるところです。

オナニーのやり過ぎるとちんこサイズはどうなるか説明します。

オナニーのやり過ぎでちんこサイズはどうなる?

オナニーのやり過ぎによりちんこサイズが小さくなってしまうことがあります。

オナニーでちんこが小さくなる理由
  • 精子を作るのにタンパク質が使われる
  • 成長ホルモンが使われる

ペニス増大に必要タンパク質は精子を作る

オナニーで無駄使いされている精子を作るためには、タンパク質が必要と言われています。

このタンパク質は精子を作るためだけではなく、細胞や筋肉の成長には絶対的に必要な成分なのです。

ちんこは海綿体細胞と筋肉で作られています。つまりちんこを増大させるためには、タンパク質が必要となります。

オナニーをやり過ぎると、本来細胞や筋肉の生成に使われるたんぱく質が、精子生成に使われてしまいます。結果的にちんこサイズにも影響を与えることになるようです。

1回のオナニーでおよそ1億から4億ほどの精子が消費されます。精子は1日に1億程度しか作られないため、2~3日で補充完了になると言われているのです。

オナニーが気持ちいいからと言って1日に何度も射精してしまうと、精子生成に使われるタンパク質も少なくなります。

オナニーで男性ホルモンが消費される

ちんこを大きくさせる要素としてタンパク質だけでなく、成長ホルモンも必要となってきます。成長ホルモンは体の成長に使われます。

オナニーをする時は興奮してると思いますが、興奮することによって成長ホルモンが分泌されると言われています。

ただ成長ホルモンは分泌されますが、それ以上に興奮してオナニーすると、射精するための精力や興奮状態に成長ホルモンが使われるそうです。

つまりオナニーのやり過ぎで、成長ホルモンを使ってしまうため、ちんこの影響します。

男にとってセックスとオナニーの違いって何?

男性が性欲を満たす方法としてはオナニーだけではなく、女性とsexするという方法もあります。

オナニーとセックスは最終的に射精して気持ち良くなるということは共通しています。

でもオナニーとセックスどちらが好きか問われるとほとんどの男性はセックスと答えます。そこにはどんな違いがあるのでしょうか?

オナニーとセックスの違い
  • 女性の体を感じれる
  • ちんこの締め付け具合が違う
  • 精神的に満足できる

セックスはオナニーと違い1人ではない

オナニーもセックスも射精することは一緒ですが、セックスはそれと同時に女性の体を感じることができます。

ちんこを挿入したりすることで、女性が感じているところを見ると、オナニーするよりも気持ちよさを感じれます。

オナニーはいきなりちんこをしごきますが、セックスは前戯で女性の体を愛撫するという違いがあります。

またセックスではフェラチオやオナニーでは味わえないこともあります。

女性によってちんこの締め付けが違う

セックスとオナニーでは、ペニスを締め付ける強さにも違いがあります。セックスで男性はペニスを女性の膣に挿入するため、相手女性の締まり加減によって締め付け具合が変わります。

また女性の膣から液が多く出ていると、ヌルヌルした感じを気持いいと感じることができます。

オナニーは自分の手でペニスを握ります。ただ握る力って結局毎回一緒になってしまいます。

未分類 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。