1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ペニス増大サプリに副作用はあるか?

ペニス増大サプリに副作用はあるか?

ちんこを増大させる効果が期待できると言われているペニス増大サプリを試したいと思っている人の中には、「絶対副作用がある」「禿げるって聞いたことある」などの副作用を懸念している人が多いです。

でもその気持ちを管理人もわかります。「無傷でちんこがでかくなるわけない。何か副作用は何かある」と思っていました。

ただ管理人もペニス増大サプリを服用しましたが、副作用はなく、むしろ体調が良くなるくらいでした。ちんこがでかくなったかはここではなく別の記事で話したいと思います(笑)

「たまたまそのサプリと相性が良かったんじゃないの?」と疑ってしまう人に、安心できる増大サプリとちょっと心配な増大サプリの見分け方について説明していきます。

もちろん相性もあるため、あんしんできる増大サプリであっても何らかの副作用がでることはっ考えられます。

日本で生産されたペニス増大サプリなら安心?

サプリは健康補助食品とも呼ばれ、医薬品ではありません。亜鉛やビタミン、アミノ酸といった栄養素を補給するためのものです。

つまりペニス増大サプリはあくまでサプリメントであるため、あまり副作用を心配する必要はありません。

そして、日本で作られているサプリは、薬事法上で日本で認定された成分しか使えず、副作用が出る危険がある成分は使えないため、副作用を発症することはほとんどありません。

つまり「危険だからこそ効果が期待できる!」みたいなサプリメントは作れないことになっているということです

日本国内で製造販売している増大サプリなら安心しても問題はないでしょう。

日本は海外と比較するとに薬の規制が厳しくなっているため、日本で認定された=安全と判断できるのです。

GMPに認められている工場で生産されているか?


上記は管理人が服用した増大サプリの公式サイトの一部です。この増大サプリは「GMPが認定した工場で作られているため安全」ということになります。

ところでGMPとは

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。
引用:一般社団法人日本健康食品規格協会

ということなので、GMPからの認定=国からの認定と言ってもも良いでしょうから、このマークがあれば安心して使うことができます。※GMPは厚労省ガイドラインに基づき、民間第三者機関の調査を受け取得できるようです。

逆GMPマークがない、増大サプリは日本製だとしても、少し怪しく感じます。「なぜGMPを取得していない工場作っている?」「取得できないような工場なの?」って不安になります。

つまりGMP認定の工場で作られていれば、安心な増大サプリと言っても問題ないでしょう。

万が一副作用が出たら?

ここまで国内産増大サプリは安全で副作用はないと説明しました。

ただサプリメントとの相性もあり、副作用とまではいかないような小さいな症状が出ることもあります。

特定のものを食べると症状が出るという人は服用前に病院で確認してもらってもいいでしょう。

服用後に何か違和感を感じることがあれば、服用は控えるようにした方がいいです。

ただ国内産のサプリなどでよっぽどのことはないと思います。

海外のペニス増大サプリは危険?

ここまでの説明を読めばわかると思いますが、海外のペニス増大サプリは注意が必要となります。

海外のペニス増大サプリは、日本では認められていない成分が入っていることがあります。

また作られた国の人に合わせて作られていることが多いです。つまり人種や種族によって体の作りは違うため、海外では副作用はでなくても日本人が使うと、副作用がでる可能性があるようです。

日本は薬の規制が厳しいので、効果が強い成分への免疫力が弱いと考えられ、海外サプリは副作用が出やすいのかもしれません。

やはり安心して服用するなら国内製造ののペニス増大さぷりではないでしょう。

過剰摂取は副作用の原因?

どんなにちんこ増大がきたできる成分でも、過剰摂取することで副作用というか体にはあまりよくないと言われています。

例えばペニス増大サプリに欠かせない、アルギニンですが、過剰摂取してしまうことにより腹痛などの症状がでることがあるようです。

ちんこを大きくするためには

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛
といった成分が必要となります。

シトルリンの日頃の食事で摂取することは難しく、サプリで過剰摂取することはありません。そのため増大サプリでは1日の上限800mg近くませ配合していますが、過剰摂取にはなりません。

アルギニンと亜鉛は日頃の食事で比較的摂取しやすいため、過剰摂取することもあるでしょう。アルギニンの配合量は少ないサプリもあます。

未分類 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。